不動産会社に就職するのに有利になる資格の選び方

持っておくと有利な資格について

物件の案内で車は必須

どうしても不動産と言うのは専門的な知識がないと就職自体が難しい業界でもあるのです。
その為、就職するにあたり持っておくと有利な資格が「宅地建物取引士」です。
その名の通り宅地建物取引士とは、簡単に説明しますが不動産売買の仲介や契約時に必要な書類の作成や建物に関する重要な説明や書類を作成する事を許される資格です。

中には不動産業界に就職をしたいと考えている人もいるので、希望する会社に就職する為に学生時代に取得してから就職活動を行うと思います。
国家試験なのでもし就職出来るようになると手当てが貰える為給料面でも有利になります。
試験にあたり学歴や年齢は関係ない為何歳でも取得する事が可能です。
安心してお客様に対して建物の詳しい説明や土地についての詳しい説明が出来るようになれば契約率も高くなります。

ただし、この資格を取得するには合格してから国が実施している講習を受けないといけないので必ず受ける事が大切です。
ですが、この資格は5年ごとの更新が必要になるので注意しましょう。
転職する際にもこの資格さえあればかなり有利になりますし、不動産業界は人の入れ替わりが激しい業界でもあるので結構厳しい業界でもあるのです。
また、古い物件をリノベーションする際にもこの資格があれば済みやすい物件のアドバイスを行う事が出来ます。

また、この資格と一緒に取得しておくと良いのがインテリアコーディネーターの資格です。
インテリアに関する資格があればお客様の提案もしやすいですし、質の高い物件に格上げする事が出来ると思います。