不動産鑑定士とは?

家屋調査士とは?

正確な物件の価値や状況を把握する事も不動産会社にとっては怠る事が出来ない業務の一つでもあると思います。
会社にとっても不動産の売買の場合は建物の値段と言うのは売り上げに繋がる事でもあるので重要ですし、適当な金額を付けると後から大きなトラブルに発展してしまう場合もあります。
ですが、そもそも家屋調査士とは一体どんな職業なのでしょうか?
知らない人も多いと思うので簡単に書きたいと思います。

家屋調査士は、不動産の家屋や土地に関する調査や測量を行う人達の事です。
また不動産に関する登記の代理や申請の代理人を務める事もあります。
家屋調査士はその物件がどのくらいの価値があるのかを正確に調査をして耐震性や強化するべき点を判断して安全な不動産の売買や仲介を行う事が出来るようにサポートする役割りがあります。

家屋調査士の資格を取得するには?

この資格は誰でも受験する事が可能であり建築士のような細かい規定もないそうです。
その為、専門的な建築に関する知識がなくても大丈夫みたいです。
試験は主に筆記試験と実技試験に分かれているそうです。
ですが、測量士や建築士の資格があれば実技試験はパス出来る事が多いです。

受ける年齢の平均は39歳である為、普段仕事をしている中で勉強して取得する人が多い傾向が見られます。
合格率はかと言って高いわけではなく、やはり勉強していないと合格出来ない事が多いです。
すぐに免許のように即日に免許が配布されるわけではないようで、いくつかの工程に分かれています。
毎年、決まった時期に家屋調査士の試験は行われているそうなので気になる人は調べておくと良いかもしれません。