マンションに関するアドバイザーでもあります

司法書士について学ぼう

不動産の売買には必ず司法書士が作成した書類が必要になるのです。
ですが、司法書士と聞いても今一ピンと来ない人も多いのではないでしょうか?
簡単ですが、司法書士について勉強したいと思います。

司法書士は国家試験の中でも難関な部類に入るくらい難しい試験だそうです。
仕事内容についてですが、主に不動産関係の権利関係の書類や登記書類の作成や申請代理を努める事が出来ます。
司法書士は不動産の売買や取り引きを安全に素早く行う為に進める事が出来る専門家なのです。

自分でも不動産に必要な書類を作成したり申請する事は可能ですが、中には専門的な知識が必要な場合もあるので中々素人では難しい部分もあると思います。
司法書士は不動産に関する書類が偽物がどうかを見極める事が出来るので犯罪を防ぐ事も出来ます。

司法書士の役割りについて

司法書士の仕事については前の記事でも紹介したのですが、近年では書類の作成や登記だけの仕事をしているわけではないそうです。
簡易裁判所における訴訟の代理人を務めたり弁護士のような活動をする事が可能みたいです。
その為、司法書士は法律の専門家としても認識されるようになってきました。

最近では法律の知識を生かして成年後見や相続人の代理の分野でも活動するようになってきたそうです。
今までは主に弁護士の仕事として行う事が多かった仕事が近い未来には司法書士も弁護士と同じ権限を持って法律に関する仕事が出来るかもしれません。
不動産に関する仕事だけではなく、もし法律関係に転職した時に持っておくと有利な資格でもあると思います。