不動産に関する様々な説明や業務が行えます

一級建築士の資格について

建築士にも一級と二級があるそうです。
ですが、ここでは一級建築士について書きたいと思います。
一級建築士は、難易度の高い資格試験の一つとも言われており設計出来る建築も二級よりもはるかに多いそうです。

まず設計する建物に一切の制限がない為自由な発想の建築が可能です。
一級建築士は、構造や設備の専門的な知識も必要となる為かなりの高度な技術も要求されるので簡単になれる職業ではないのです。
幅広い知識を必要とする事もあり多くの人はまず二級建築士の資格を取得してから一級建築士になる事が多いそうです。
進む不動産会社によってこの資格がないと就職すら出来ない会社もあるので、よく確認してから就職活動を進めると良いと思います。

建築士の資格を取得するには?

建築系の大学を卒業するか、工業系の高校を卒業しないと受験資格すら貰えないと言います。
しかも4年制大学を卒業すると実務経験なしで二級建築士の資格試験を受験する事が可能です。
一級建築士になる為には4年の実務経験を積まないといけないのですぐに受験は出来ないようになっています。
最低でも3年以上の実務経験がないと受験が出来ないシステムのようです。

学校を卒業していない人は建築に関する学歴がなくても3年以上の実務経験があれば受験可能になります。
建築系の大学では、主に建築物に対する安全性についてやデザインや様々な暮らしに関する勉強をします。
他にも建築物の美しさについても学ぶようですし、環境問題についても勉強をします。